蔵元生熊酒造株式会社

 生熊酒造の創業は慶応元年。
現在のブランドである大吟醸『超群』は昭和元年に誕生。
蔵では、カルスト台地の湧き水を仕込み水に、蔵の井戸から汲み上げる城山の水を割り水に使用し、米は広島県庄原市比婆の酒造好適米。まさに、大地が育んだ比婆におかれた町 東条町の清酒です。
 日本酒は、世界でも類を見ない手作りの醸造技術に支えられる酒である以上、造り手のこだわりや思いが、その味ににじみ出てきます。それにかける若き蔵人達の精魂を傾けて醸し出した自慢の最高級品東条の地酒『超群』。
超群は連山の中でひときわそびえる富士山のように、また群鶏の中の一鶴のように酒造界に秀でることを念願として名付けられました。
特徴は辛口であること。
しかしそう感じさせない奥深さも備え、帝釈大地から流れ出す清流の旨みを感じることができます。
 生熊酒造では蔵の見学も随時受け付けております。迷路のように続く蔵の内部を歩くと、麹室や仕込み室、検査室や蔵人の寄宿舎などを見ることができ、酒造りの工程や、携わる人々の様子を感じ取ることができます。
 国定公園に指定された帝釈挟。桜や紅葉のシーズンには祭りやイベントが開催され、町が賑わいます。東条の旧い町並みをぶらりと探索するのもおすすめ。

山田錦

 酒米の王様酒造好適米の最高峰「山田錦」を使用。
山口県産の山田錦は、米粒が大きく光沢のある心白米、雑味となるたんぱく質が少なく、質のいい麹ができあがります。
 酒米としての品質基準において、最高の成績を修めていることから「最高の酒米」あるいは「酒米の王者」といわれている【山田錦】は、まさに酒造好適米。
特徴は、
①大粒であること………粒が大きい方が精米しやすいためです。
②心白があること………心白とは、酒米の中心にできる白いもののことです。心白があるということは、お米の中心に隙間ができていて光が屈折しているということ。隙間があると麹菌が入りやすくなります。
③タンパク質・脂肪が少ないこと………お米の周りに宿るタンパク質や脂肪が、お酒になった時に雑味になると言われています。
④吸収率がよいこと………お米を洗う際に、吸収率の違いがものを言うそうです。
⑤外硬内軟性に富むこと………お米を蒸した時に、外側は固く内側は柔らかい状態になりやすいお米が重宝されます。麹菌がお米の中までで浸食しやすいからです。

全てクリアしている山田錦を使用して造られた、お酒【礼】

仕込み水帝釈峡

 帝釈峡は、中国山地に位置する広島県北東部の庄原市東城町及び神石高原町にまたがる、全長18キロメートルの 石灰岩台地が深く浸食されて形成された峡谷です。
国の名勝に指定されており、比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地です。 石灰岩地帯の特色をよく表した大峡谷を形成し、洞窟やドリーネ等を数多く有し、帝釈峡の中でも特に自然が豊かな場所です。
その帝釈峡台地の湧き水に恵まれた地盤が石灰岩質なので、ミネラルの溶け出た地下水が湧いています。最も酒蔵に適した中硬水です。割り水に蔵の井戸から汲み上げた城山の水を使っています。